カーコーティングを長持ちさせる施工後のメンテナンスとは

新車を購入するとカーコーティングをする人が多く、近年では新車購入時の値引きが少ないことからオプションサービスやカーコーティングをサービスとして値引き代わりにすることも多くなりました。
ただ、このカーコーティングですが、メンテナンス次第で、効果が短くなることもあります。

カーコーティングについて
カーコーティングは車の塗装を守る目的で施されますが、塗装は風雨や紫外線により経年劣化を起こしてしまいます。近年の車両は塗装の技術が高くなった側面もあり、耐水性や耐酸性、耐紫外線など、中には小キズに強い塗料もあります。
しかしながら、塗装は経年劣化が避けられず、そのためにも手入れが必要になります。
そこで、購入時に塗膜上にコーティングしておくことでキズや汚れの付着を防ぐことが可能となります。
雨と言っても砂やほこり、汚れが含まれるため、塗膜に目には見えないキズが付いてしまいますので、そのためにもコーティングは重要で、塗膜を保護し、雨や紫外線、汚れから車を守ります。コーティング作業は専門の業者で行うことによって、ガラスやモール部分に養生テープを施し、塗膜にしっかりと吸着させます。このコーティングを施すことで直接、キズや汚れ、雨水が塗装面に付着せず、雨水はボディーから弾くことが出来ます。
ですので、新車の場合にコーティングをしておくことで、塗装の状態をきれいに保つことが出来ます。
中古車の場合、既に小さなキズがついていることが多いですが、液剤はキズに浸透し、更なる劣化を避けることが可能で、新車の時のような輝きを取り戻します。

【コーティング後のメンテナンスについて】
ガラスコーティングは1年間、3年間、5年間とコーティングの効力に限度があり、使用されるコーティング剤や施工方法によっても異なり、さらに効力を持続させるために正しいメンテナンス方法も必要となります。
専用のシャンプー剤を使用し洗車後にメンテナンスクリーナーにてケアすることが大切です。
同時にガラスコーティングも施すと良いでしょう。
業者にしてもらうことも可能ですが自分でもできないということはありません。
自身で行う場合は、ガラスの油膜をしっかりと落し、ポンプタイプや被膜スプレータイプがありますが、被膜スプレータイプ製品は作業性が良く、ガラスに直接被膜スプレーを噴射しクロスなどで伸ばすように吹き上げます。油膜が落ちていないとガラスに吸着しないため油膜取りでしっかりと落しておくことが重要です。
自身でコーティングを行うと失敗しそうで不安だという場合は、無理をせずに業者に依頼することをおすすめいたします。
【まとめ】
車は耐久消費財で使用により必ず劣化し、塗装も同様です。
少しでも長持ちさせるにはそれなりの手入れが必要となり正しいメンテナンス方法で行うことが必要です。