高いコーティングと安いコーティングの違いは?

PR|GetMoney|超SEO対策|女性向けエステ.com|FXシストレ|お小遣いNET|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|ライブチャット|JALカード|

新車時でディーラーで申し込めるコーティングも、ガソリンスタンドや洗車屋さんで施工できるコーティングも、安いものから高いものまで様々です。色々と能書きは書いていますが、実際は何が価格の差になっているのでしょうか。

一番の違いは、コーティングの持つ期間です。コーティングの硬さと言ってもよいでしょう。コーティングが硬いということは、それだけ長期間の汚れや洗車に対応できるということです。

ではなぜ、硬いコーティングは金額が高いのでしょうか。それは、硬いコーティングほど加工しにくく、コーティング剤を作るのも作りにくく、また現場でも塗りにくいために、それだけ多くの人の手がかかるということです。硬いコーティング剤は扱いにくく、一度に広い面積を施工していくことが不可能です。そのため、人件費がかさむのです。

だからといって、安いコーティングは手抜きで仕上げられるのかというと、そんなことはありません。自動車業界、特に洗車やコーティングに関わる人達は自動車が好きでたまらない人たちです。そのような人たちが手を抜くことは有り得ないので、安いコーティングも安心してお任せしましょう。

また、安いコーティング剤は素人でもやり方さえ分かれば自分でも施工出来ちゃいます。
しかし、高いコーティング剤は自分で施工するのは完全に不可能です。
塗った側から固まってしまいふき取りが困難になります。ムラやシミの原因となりますので自分で施工する前に目立たない場所で施工することをオススメ致します。

ガラスコーティングにはガラス系コーティングとガラスコーティングの大きく分けて2種類が存在します。
ガラスコーティングとはガラス被膜になる成分が含まれている溶剤ですが、ガラス系コーティングはガラス被膜になる成分が一切含まれておりません。
有名なコーティングメーカーでもガラスコーティングと表記されている商品でもガラス系コーティングという可能性もあります。
施工する前には必ず、下調べをしてから施工することをオススメします。
ガラスコーティングとガラス系コーティングの違いはガラスコーティングの方が効果が高いということです。
雨染みが付着しづらかったり、汚れても洗車やメンテナンスで簡単に落とせるということです。
是非この機会にガラスコーティングを施工することをオススメ致します。

PR|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ


↑ Top